合格体験記・合格実績

2019年の春もたくさんの夢が実現しました!

laugh塾2020年合格速報

2019年合格実績

laugh塾から今年もたくさんの合格を出すことができました!

laugh塾高校部合格実績 laugh塾中学部合格実績

合格体験記

laugh塾から合格した先輩たちの記録です

合格

北海道大学・同志社大学・立命館大学・防衛大学

坂田 唯織くん

(屏水中学校・明善高校 出身)

生徒本人

初めに、六年間僕を導いてくれて本当にありがとうございました。塾長先生の導きなくして僕の大学受験の成功はありませんでした。
laugh塾は本当にその学年の全ての生徒が目指す大学に合わせ授業を組み一人一人を見てくれます。時間割は僕たちの希望も踏まえ決める事ができます。僕は総括だったのでみんなの意見をまとめ、センター英語の教科、プチ合宿など希望を出し、塾長先生は快く聞き入れてくれました。
僕が高三になってもまだふわふわしている時は尻を叩いて奮起させてくれ、文転したいと無茶を言った時も一ヶ月チャンスをくれ僕の意思を尊重してくれました。また、先輩達が受験の時から入試問題にチャレンジするよう指示され一年後を見据えた動きをとることができ、僕の受験に対する意識を変えるきっかけとなりました。
大学受験に向けlaugh塾での生活を振り返り良かったと思う最大のポイントは一回一回の模試で目標点を決めそれに本気で皆を向かうという熱心な指導です。laugh塾では浪人基準で考えるので甘くならず高い目標を持ってモチベーションを保つことができます。更に僕が最も感謝していることは入試で必要だとなれば塾長先生は本気で専門外の地歴にも取り組んでくれるということです。僕たちが解いた全ての問題を一緒に解き分析し、見やすくまとめてくれました。
北大の記述は僕が分かりやすいように用語集や資料集から抜き出して書いてくれていました。僕一人ではそこまで突き詰めて勉強できませんでした。進研模試からセンター、福大、西南、早稲田、北大までとてつもない手間と労力だったろうと思います。
laugh塾では一人一人、大学入試の受験校が違う為各自の対策をしてもらえます。過去問を解き、解説があり、三年間繰り返していきます。先生の指示のもとコツコツ積み上げてきたからこそ、北海道大学に合格できたと思っています。本当にlaugh塾のおかげであり、laugh塾以外では難しかったと思います。
最後に塾長先生から「唯織が満足行く大学に合格させることができるかがlaugh塾で良かったかの判断だよ」と言われた言葉の僕の返事は「僕は北海道大学に合格できてとても満足です!!」本当にありがとうございました!

保護者様

「中学生になったら塾へ行きたい!」と本人から話があり慌てて塾を探しました。知人から「遅くまで自転車が止まっていて子供たちが頑張っているよ!」と教えてもらったのがlaugh塾です。塾長先生の熱心なご指導によって初めての高校入試も安心してお任せしていました。次の大学受験に関しては分からない事だらけでしたので塾長先生の導きで生徒一人一人進路が違う中、大学選びから受験の受け方など細やかなご指導をして頂きました。
また、親も不安な中、相談に乗って頂いて希望する大学に進学することができました。集大成の高3になってからは毎日遅くまで塾で勉強して帰ってきていました。土、日はプチ合宿をしてもらったりして足りない学力を補えるような体制を取ってもらえることなど一人一人の事を考えてくれるのはlaugh塾しかないように思います。
また、親が言っても聞かない事でも第三者の塾長先生から話をしてもらって色々な考え方があるのだと知った高校三年間だったと思います。そして、論理的に話をするようになり小人から大人へ成長を感じることもできる一面もありました。生活は塾中心の生活で朝起き、学校、塾、お風呂、睡眠のサイクルで夜寝るだけに帰ってきているような感じでしたが、弱音を吐くこともなく今やるべきことを塾長先生に教えて頂きながら目標に向かって走りぬいた高校時代でした。信頼できる塾長をはじめ、池田先生、きらら先輩、仲間達がいたからこそできたことだと思っています。本当に感謝しかありません。また、子供たちと関わって頂いた皆さんのお陰も大きいです。六年間laugh塾に通わせて頂き本当にありがとうございました。実りある時間でした。

合格

福岡大学 人文学部・経済学部

本田 奎太くん

(城南中学校・小郡高校 出身)

生徒本人

僕は、中一の冬にlaugh塾に入りました。僕は、初め大手の塾に通っていたのですが、あまりにも成績が下がってしまい親に紹介されこの塾を知りました。
初めは不安でしたが成績が伸びて中三の秋には大学に行きたいと思うようになりました。しかし、大学に行くには小郡高校以上でないと難しいと塾長先生から言われ、小郡高校を目指し勉強しました。そしてなんとか小郡高校に合格する事ができました。
しかし、laugh塾に継続したものの大学への道は高校受験以上に険しく、このままでは福岡大学に行けないと思いました。中学時から英語が苦手だった僕は、高2に進級すると同時に塾からの指導で日本史を極めることにしました。高2の時から僕はほぼ毎日塾に通って日本史をひたすら書いて覚えました。僕は地歴を極めないと大学に行けない事は分かっていたので生まれて初めてこんなに頑張りました。
そして僕は日本史を極めつつ、国語・英語を人並みに取れるよう塾のカリキュラム通りに勉強しました。特に英語に関しては全然出来なかったので、「福大英語」の授業を受け、発音・アクセント・文法を徹底的に覚え、福大の過去問を何回も繰り返しやり直しました。その甲斐あって10~20点くらいだった英語が50点前後に安定し、国語も本番では大きく点数を伸ばすことができました。
入試本番では同じlaugh塾生と宿泊受験だったので緊張もせず、リラックスして受験することができました。結果は福岡大学の一般合格をすることができ僕は本当にlaugh塾に支えられてこそ勝ち取れたことだと思っています。本当にlaugh塾の先生方、先輩方には感謝してもしきれません。この塾に出会って僕の人生は大きく変わりました。本当に本当にこの五年間お世話になりました。ありがとうございました!

保護者様

入塾は息子が中一の冬でした。大手の塾に二年間通ったのですが息子には合っていなかったようでこんな偏差値あるの?というくらいまで成績は下がり焦った私はいい塾がないか色々な人に聞いて回りました。そんな中、「厳しい塾があるよ」とlaugh塾の噂を聞きここしかない!と思い入塾させてもらいました。
入ってみると噂どおり厳しさもありましたが徐々に成績が上がっていきました。成績が上がっていくと息子は進路を真剣に考えるようになっていき「福大に行きたい!」と強く思うようになったようです。その為、高校部に継続し目標を立てた息子でしたが何とか小郡高校に入学することができるくらいのスタートでした。しかし、中学部では態度、成績共に問題児だった息子も高校部になるとだんだん長時間集中して勉強ができるようになっていきました。それでも英語がどうしても苦手だったので、早い時期から日本史に力を入れるようアドバイスして頂き、みるみるうちに成績は伸びていきました。合わせて国語・英語も上がり中学からの目標だった福大にしかも複数合格することができました。laugh塾に入った時の息子の成績を思うと本当に夢のようでした。
厳しい塾ですが自分に甘い息子にはぴったりの塾でした。laugh塾でなかったらこの喜びはありませんでした。褒めすぎに聞こえるかもしれませんが息子の人生を大きく変えてくれた塾だと思っています。厳しいように見える塾長先生も、クールに見える池田先生も本当に愛が溢れる先生方です。先生方との、先輩方との出逢いに感謝しきれません。心からありがとうございました。
そして今から受験の皆さんへ、大変な時ですが自分を信じて先生方を信じてついていけば目標は叶います。頑張った記憶は人生の肥やしになるはずです。ぜひ頑張ってください!
保護者の方へ、栄養面、健康面だけ気をつけてあげてください。受験に関しては親の無力さを感じますが信じるだけだと思います。